QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費控除準備

myさんのブログでも書かれていましたが、ボチボチと医療費控除の準備をば。
今年はe-Taxに挑戦です。
何やら「電子証明書等特別控除」ってのが最高5000円控除される様なのですが、これが平成19年度分と20年度分が対象との事。
認識が間違ってなければ、今回が最後のチャンスかもしれないので、インターネットでの控除申請にしようかと。

で、アイテム揃えました。

住基カード

住民基本台帳カード:500円(10年有効)
電子証明書(住基カードに入れる):500円(3年有効)
カードリーダー(Gemalto):1,890円(Amazon)

計2,890円です。

これで5000円控除額が増えるのなら良いかなと。
(なんか間違ってたりして)

昨年までは郵送してました。
もっと前は税務署に赴いていた。
だんだん楽になります。
少なくとも交通費or郵送代は浮きますな。

e-Taxだと領収書の添付が要らないのもGood。
控えを取ったりするのも面倒でしたしね。

本日は、
・上記カード類の入手(区役所窓口)
・開始届出書の提出&利用者識別番号等の取得(インターネット上)
・ルート証明書のダウンロード及びインストール
・e-Taxソフトのダウンロード及びインストール
・カードリーダーのドライバーのインストール

ここまでやって終了。一つ一つは簡単なことだけど、いろいろ有って複雑でした。
後は作成開始かな。ボチボチやります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

合っています。

おはよーございます。

そうです。合ってます。
私の場合、PCに疎いのが、電子申告に踏み切れない理由かも。
メンドクサイ・・・。

素晴らしいですよ

こんばんわ。

それであっていますよ。
分からない点があれば、税務署へ電話すれば親切丁寧に教えてくれます。
大蔵相時代の負の遺産(多額の予算をぶんどって利用者数が伸びない)ですから、ここで利用者数をあげておかないと野党さんからの突き上げを喰らいますから。
控除が今年で切れますからされるなら今年の方が良いですよ。
一人でも財務省を助けてあげて下さい。

注意点
振替納税をしておられるなら電子納税まで手を出さずにいた方が安全です。
と言うのも誤って電子納税をすると、申告をした日に引き落とされる事になるので振替納税が効かなくなります。
リーダーのドライバですが、ビスタ非対応のが多いので注意して下さい。
それと、領収書と各種控除証明書はご自身で保管する事になりますから、絶対に捨てる事のないよぅに。
変な領収書や整体等の控除できないものも入れて高額の還付請求と言う事になると如何に個人とはいえ見直しの対象になりますから、自己責任で。
万が一修正申告をする際に必要になる場合があります。
念のため。


myさんへ

おー合ってますか。安心安心。
しかし確かに(myさんがそうだとは思わないけど)PC苦手だと厳しそうです。
私は相当好きな方ですが、結構つまづきながら奮闘しました。
公的個人認証サービスの利用者クライアントソフトまでインストールする必要があるとは、中々気づけませんでしたよ。。
後は提出するだけってところまで漕ぎ着けました!

クルトさんへ

コメント有難うございます!
やはり今年が控除の最後なのですね。良かった良かった。
でも自分で控除額を書き込まないと、控除してくれ無そうな不親切な感じ。。
そもそも、自動計算するところとしないところとか微妙で、出来としてはかなり使いにくい物ですなぁ。。

注意点も有難うございます。
サラリーマンなので振替納税は問題なし。
リーダーはちゃんと使えて、電子署名までは終わりました。
あとは送付するだけ。
操作性に不満が有っても、ネットで申告が完了できるのは、非常に便利ですね。

ありがとうございました。

不備です

おはよう御座います。

電子申告ソフトは個人さん向けで計算機能は殆どついていません。
私たち税理士はソフトハウスの専用ソフトを使っていますから、それをコンバートして国税へアクセスしています。
まあ5000円控除は今年で終わりですが、手間を考えると商工会へ持って行くか無料の相談会場(還付相談センター)へ出向いた方が良いかも。

税理士の代理送信でしたら楽なんですが、個人事業者が何処までされるのかな?

最後まで頑張って下さいね。

他に疑問点とか有りましたら、仰ってください。
一応税理士をしております。

クルトさんへ

クルトさんは税理士さんでしたか。
お詳しい訳ですね。
お蔭様で、先ほど、無事送信完了致しました。
あとは還付を待つばかりです。
有り難うございました。
プロフィール

ケロリン

Author:ケロリン
IDDMという病気を持ったオッサンです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。